野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 広島大瀬良、“ヤクルトキラー”の本領発揮で通算8勝無敗 完投は「たまには」

広島大瀬良、“ヤクルトキラー”の本領発揮で通算8勝無敗 完投は「たまには」

広島の“ヤクルトキラー”大瀬良大地投手が本領を発揮して3年ぶりの完投で今季4勝目を挙げた。

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】
広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

3年ぶりの完投で今季4勝目「ストライク先行でいけた」

 広島の“ヤクルトキラー”大瀬良大地投手が本領を発揮して3年ぶりの完投で今季4勝目を挙げた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「子供の日」の5日、神宮のヤクルト戦に今季6試合目の先発。9回123球を投げ、7安打で8三振を奪い1失点に抑えた。味方打線が初回に鈴木の左前打で早々に先制点。その裏、2死から青木に死球を与え、場内を騒然とさせたが、持ち味のカットボールを要所に決め、ストレートの精度も高かった。

 5回にスライダーが高めに浮き、山田に9号ソロを浴びて1点を失ったが、その他はほぼ完璧な投球。「疲れはあったが、一人一人の意識で投げた。ストライク先行でいけた。(ストライク)ゾーンの中で、強いボールで勝負した」と大瀬良。2014年のプロデビューからヤクルト戦には負けなしで、これで8連勝。広島では、同一カード8連勝は1997年から2002年にかけて、阪神相手に8連勝を飾った黒田博樹以来の記録となった。

 お立ち台で、そのことを聞かれた大瀬良は「知りませんでした」と驚いていたが、無心で投げた結果だ。5回の山田のソロ弾については「抜けて肩口から(甘く)入ってしまったが(完封の)欲はなく、打たれた後もしっかり抑えられた」という。8回には1死一塁でバレンティンに直球勝負を挑み、内角高め144キロで空振り三振を奪う場面もあった。

 完投はちょうど3年前のゴールデンウィーク、2015年5月4日の巨人戦以来。「なかなか出来ることではない。中継ぎの人に迷惑をかけてきたのでたまには」と大瀬良は満足そうにうなずいていた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」