野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“松坂世代”オリ小谷野が今季1号 「最高の結果になってくれました」

オリックスの小谷野栄一内野手が、今シーズン初本塁打を放った。6日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。2回の第1打席で先制のソロ本塁打を放った。

2回、先制アーチを放ったオリックス・小谷野【画像:(C)PLM】
2回、先制アーチを放ったオリックス・小谷野【画像:(C)PLM】

2007年から12年連続本塁打

 オリックスの小谷野栄一内野手が、今シーズン初本塁打を放った。6日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。2回の第1打席で先制のソロ本塁打を放った。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 両チーム無得点で迎えたこの回。先頭で打席に入った小谷野が、ソフトバンク先発の中田が投じた真っ直ぐを捉えた。3ボール1ストライクからの5球目。快音を残した打球は右翼スタンド最前列に飛び込む先制の1号ソロとなった。

 「ストレートをしっかりと押し込むことができました。打球も伸びてくれましたね。なんとか塁に出ることを考えていたのですが、最高の結果になってくれました」

 2002年のドラフト5位で創価大から日本ハムに入団した小谷野。小・中学校時代の江戸川南リトル、江戸川南シニアで、中日の松坂大輔とチームメートだった“松坂世代”の1人だ。今季1号の本塁打で、2007年から12年連続の本塁打となった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬