野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹バンデンが清宮との対戦を心待ち 「ボクの球にどんな反応をするのか」

11日、ソフトバンクのバンデンハークが日本ハムとのカード第2戦に先発する。バンデンハークは5月2日のロッテ戦以来、中8日での登板となる。

ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】

中8日の登板に課題をもって2度ブルペン入り

 11日、ソフトバンクのバンデンハークが日本ハムとのカード第2戦に先発する。バンデンハークは5月2日のロッテ戦以来、中8日での登板となる。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 バンデンハークはここまで5試合に登板して3勝2敗。今週は西武戦に千賀滉大、石川柊太を先発させた影響で中8日での先発登板となる。

「その分、2度ブルペンに入った。いい時間だと思って調整してきたし、自らの課題をしっかりと持って投げることができたよ」という助っ人右腕。その課題については「それが何かは、ここで話すことではない」としながらも、仕上がりに自信をもっているようだ。

 報道陣がハム打線に話を向けたところ「みなさんが誰について聞きたがっているのかは分かっている」とニヤリ。続けざまに「才能がある若くて素晴らしい選手」と自ら清宮幸太郎について語り始めた。昨年のU-18ワールドカップで、清宮が主将を務めた日本代表がバンデンハークの母国・オランダと同組で戦っているとあって「プロに入る前のU-18の試合はテレビでも見たよ」と語る。

「彼がボクの球にどんな反応をするのか、そういうところも楽しみながら投げていきたい」とバンデンハーク。白星が先行しているとはいえ、ここまで本来の力を出し切っているとは言い難い。前日は延長戦で手痛い黒星を喫しているだけに、今回こそ得意とするヤフオクドームでバンデンハークらしさを発揮したい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」