野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス武田、連敗ストップへ日本ハム打線の一発攻勢を警戒「高さが大事」

ソフトバンクの武田翔太投手が13日、本拠地での日本ハム戦に先発登板する。見事な1安打完封勝利を挙げた5日オリックス戦から、中7日でのマウンドとなる。

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

「右打者のインコースがもうちょっと」と反省も生かす

 ソフトバンクの武田翔太投手が13日、本拠地での日本ハム戦に先発登板する。見事な1安打完封勝利を挙げた5日オリックス戦から、中7日でのマウンドとなる。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 前回登板の1安打完封劇に「気持ち的にちょっと楽になりました」と言う武田だが、「右打者のインコース(への攻め)がもうちょっと」と反省もきっちり生かしていくつもりだ。さらに、完璧な結果を出した後だからこそ、今回は真価が問われるマウンドになることも承知の上。「自分にプレッシャーをかけていこうと思います」と、強い気持ちでハム打線に挑んでいく。

 日本ハム打線に対しては「ホームランも多いので高さが大事。打球も結構上がっている」と、一発攻勢に警戒を強める。お決まりとなったドラ1ルーキー清宮幸太郎内野手に話が及ぶと、「よく打っているというイメージはありますが、負けじと抑えるだけですよ。誰ということなく全体に気をつけていきたい」と、1番から9番まで気を抜かずに立ち向かう。 

 チームは敵地で好調西武に2試合連続零封勝ちしながら、地元で日本ハムに連敗。勢いを取り戻すためにも武田の右腕に大きな期待がかかっている。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」