野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 21歳新人右腕が急遽メジャー初登板で快挙達成! 初勝利&13奪三振の快投劇

21歳新人右腕が急遽メジャー初登板で快挙達成! 初勝利&13奪三振の快投劇

エンゼルスの大谷翔平は開幕から投打の二刀流で全米にセンセーショナルな活躍を見せているが、メジャーデビューで13奪三振を記録したルーキー右腕が米で話題となっている。ブルワーズのフレディ・ペラルタ投手は13日(日本時間14日)の敵地ロッキーズ戦で初登板し、6回途中を1安打13奪三振無失点の快投でメジャー初勝利を挙げた。

ブルワーズのフレディ・ペラルタ【写真:Getty Images】
ブルワーズのフレディ・ペラルタ【写真:Getty Images】

母ディアスさんが見守る前で見せた快投劇

 エンゼルスの大谷翔平は開幕から投打の二刀流で全米にセンセーショナルな活躍を見せているが、メジャーデビューで13奪三振を記録したルーキー右腕が米で話題となっている。ブルワーズのフレディ・ペラルタ投手は13日(日本時間14日)の敵地ロッキーズ戦で初登板し、6回途中を1安打13奪三振無失点の快投でメジャー初勝利を挙げた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 メジャー初登板とは思えないほどの快投を演じたのは、ブルワーズのフレディー・ぺラルタだ。ドミニカ共和国出身の21歳のルーキーは初回の先頭ラメーヒューから見逃し三振を奪うと、圧巻の奪三振ショーを見せつけた。

 MLB公式サイトは「ペラルタが家族の前でのMLBデビューで13奪三振を記録する」と見出しを付け、この日の快投を報じている。同サイトではペラルタはブルワーズのNO.9プロスペクトで、この日、投じた全98球のうちのほぼ全てがムービングファストボールだったことをレポートしている。

 また、ペラルタの13奪三振は、デビュー戦の2桁奪三振としては2012年のマット・ハービー以来で、2014年に14個の三振を記録したスティーブン・ストラスバーグ以降ではデビュー戦最多奪三振であることに言及。そして米データ専門サイト「ベースボール・リファレンス」によると、1908年以降にデビュー戦で13奪三振以上を記録した史上5人目のルーキーであったことも報じている。

 この日、ペラルタは本来ならば3Aで登板予定だったが、先発ローテの一角を担うチェイス・アンダーソンのDL入りに伴い、急遽、試合に駆け付けたという。ブルワーズのクレイグ・カウンセル監督は「最初に投げた3球で緊張もほぐれていたね。そこからは、ただよくなるばかりだったよ」と称賛。同僚のヘスス・アギラール一塁手も「泣きそうになったね。本当にうれしいし、誇りに思うよ」と我が事のように喜んだという。

 母の日に新人右腕が見せた快投劇。球場で息子の晴れ姿を見守った母ディアスさんは「私の人生の中で最も大事な場面の1つになりました」と感激した様子を見せたが、ペラルタにとっても思い出深い1日になっただろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」