野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「イチロー?」「これはヤバイ」 レイズ内野手が“ワンバン打ち”で……左飛!?

「イチロー?」「これはヤバイ」 レイズ内野手が“ワンバン打ち”で……左飛!?

時としてグラウンド上で起こる予期せぬプレー。かつてイチローがワンバウンドのボールをヒットにしたことがあるように悪球を捉える“曲芸打ち”もまた、その1つといえる。

レイズのC・J・クロン【写真:Getty Images】
レイズのC・J・クロン【写真:Getty Images】

レイズのクロンが、ワンバウンドを捉えてレフトまで運ぶ

 時としてグラウンド上で起こる予期せぬプレー。かつてイチローがワンバウンドのボールをヒットにしたことがあるように悪球を捉える“曲芸打ち”もまた、その1つといえる。

【PR】大谷翔平が復帰! 「DAZN」ならMLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 昨季まではエンゼルスに在籍していたレイズのC・J・クロン内野手が、衝撃の“曲芸打ち”を披露したのは14日(日本時間15日)に敵地で行われたロイヤルズ戦だった。6回、先頭のエチェバリアが二塁打で出塁し、無死二塁となったところでクロンが打席に立った。

 2ストライクからの4球目、ロイヤルズの先発左腕エリック・スコグランドが投じたスライダーは、クロンの手前でワンバウンドするボール球に。これにバットが止まらなかったクロンは、まるで“クリケット”のように、ものの見事にボールを捉えてみせた。鋭い当たりは安打にはならなかったものの、左翼にまで届くフライとなった。

 この“ワンバン打ち”の場面を、MLB公式ツイッターも映像で紹介。動画内では実況も「いかがでしょう、これはクリケットの試合での一コマのようです」と驚きをもって伝えており、これにはファンからも数多くのコメントが。

「お見事」

「クリケットだ!」

「彼はクリケットをやったことがあるのかな?」

「ゲレーロを思い出すね」

「彼は野球でうまくいかなくても、クリケットでなんとかなるね」

 また同様に動画を掲載したMLB公式インスタグラムにもファンの驚きのコメントが並んだ。

「これはヤバイね」

「素晴らしい打撃」

「ゲレーロスペシャル」

「ハンド・アイ・コーディネーションが良い」

「イチローも打ったことあるね」

 かつて伝説の“悪球打ち”を見せたブラディミール・ゲレーロや、イチローと比較する声もあがったクロンの“曲芸打ち”だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」