大谷、ベンチで見せる“美徳”にも称賛の声「彼は完全無欠」「何ていい青年」

日本の文化への称賛の声も「我々もそこから学ぶ必要がある」

「何ていい青年なんだ」

「彼は敬意にあふれて礼儀正しい。愛している」

「彼は(種吐き捨ては)スタジアムの職員に対する無礼にあたると感じているのではないか」

「彼が我々のチームで本当に幸せ。オオタニとトラウトが自分のチームにいるなんて、最高の気分」

「試合を見ながら、全く同じことを考えていた」

「何てことだ。彼は本当に完全無欠じゃないか」

「失われた敬意を。いいね」

「おおおおお、紳士だ」

「完全に尊敬します」

「チクショウ。彼は完璧なヤンキースの選手になれたはずなのに」

 大谷の素行面の素晴らしさとともに、日本の野球文化を讃える声もあった。

「日本では球場に対する敬意はとても大きい。おそらくそういうことなのだろう」

「昨日も見た! 日本のファンもスタジアムを野球の聖堂のように扱っている。我々もそこから学ぶ必要がある」

「日本ではフィールドは神聖なもの。吐き出すことは絶対にない」

「MLBのダグアウトはゴミのように扱われている。我々、子供の指導者はゴミをなくし、ダグアウトを綺麗に、フィールドをリスペクトするように教えるべき。床にゴミを捨てていいなんて、本当に恥ずかしい。MLBを見る母親は失望しなければ」

 メードインジャパンで圧巻の活躍を見せる大谷。フィールドを離れた時の振る舞いもアメリカで絶大な評価を勝ち得ている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY