野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷から3奪三振も…バーランダーが明かした“敬意”と「とんでもない」能力

大谷から3奪三振も…バーランダーが明かした“敬意”と「とんでもない」能力

エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)の本拠地アストロズ戦で4打数無安打に終わった。完封で5勝目を挙げたジャスティン・バーランダーの前に3三振。チームも0-2で敗れた。もっとも、今季10試合登板で防御率1.05と圧巻の成績を残すメジャー屈指の右腕は試合後、初めて対戦した大谷に「リスペクト」の気持ちを明かし、その打撃を称賛したという。地元紙「ヒューストン・クロニクル」が報じている。

エンゼルスの大谷翔平(左)とアストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平(左)とアストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】

4打数無安打3三振と圧倒も…「二刀流の神童にリスペクトの気持ちを語る」

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)の本拠地アストロズ戦で4打数無安打に終わった。完封で5勝目を挙げたジャスティン・バーランダーの前に3三振。チームも0-2で敗れた。もっとも、今季10試合登板で防御率1.05と圧巻の成績を残すメジャー屈指の右腕は試合後、初めて対戦した大谷に「リスペクト」の気持ちを明かし、その打撃を称賛したという。地元紙「ヒューストン・クロニクル」が報じている。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 開幕から圧巻の活躍を続ける大谷にメジャートップクラスの実力を見せつける完封劇だった。初回の第1打席はスライダーで空振り三振、4回の第2打席はチェンジアップを打たせて二ゴロ。さらに、6回の第3打席では外角高めへの真っ直ぐで空を切らせ、9回の第4打席もストレートで空振り三振。甘い球はほとんどなかった。

 試合後、大谷が「野球をやってきて、おそらく打席の中で見た1番速い球じゃないかなと思います。それはスイングをしていても、ここまで品のある球というか、スピードもそうですけど、なかなか経験したことがない」と振り返った剛腕のボール。「改めて素晴らしい投手だなと。1試合通してそう感じた。トータルしてすごく完成された投手だなと感じた」「個人的にものすごく勉強になった」などとも話し、その投球に脱帽した。

 一方で、9回に大谷から自身通算2500個目の三振を奪ったバーランダーも試合後に大谷を称賛している。「ヒューストン・クロニクル」は「バーランダーは二刀流の神童にリスペクトの気持ちを語り、水曜日の第1打席にフルカウントから投じたスライダーを振り返った」とした上で、剛腕のコメントを紹介している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」