野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • グラシアル、ヤングマンらが2軍で活躍…ホークスと巨人の「リザーブ外国人」

グラシアル、ヤングマンらが2軍で活躍…ホークスと巨人の「リザーブ外国人」

NPBの1軍外国人選手枠は、4人。このうち投手、野手はそれぞれ最大3人とされている。この枠から漏れた外国人選手は、ファームでプレーを余儀なくされる。

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:福谷佑介】
ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:福谷佑介】

1軍外国人選手枠から漏れている助っ人、鷹グラシアルは2軍で打率.426と大暴れ

 NPBの1軍外国人選手枠は、4人。このうち投手、野手はそれぞれ最大3人とされている。この枠から漏れた外国人選手は、ファームでプレーを余儀なくされる。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 NPB球団の多くは、外国人枠を上回る選手を抱えている。枠から外れた選手はリザーブとしてキープしているのだ。

 特に年俸総額NPB1位のソフトバンクと2位の巨人ではリザーブ選手の存在が目立っている。成績は5月17日現在。

 ソフトバンクは、サファテが戦線離脱。主軸打者デスパイネ、先発投手バンデンハーク、救援投手モイネロで回している。さらに、昨年WBCベネズエラ代表として参加中に右ひじを痛め、4月にトミー・ジョン手術を受けた救援投手スアレスが投球を始めている。4人目の外国人に収まりそうな形勢だ。

 しかし、ファームでは新外国人グラシアルが54打数23安打2本塁打15打点、打率.426と大暴れしている。ファームでは4番を打ち、守備でも一、三塁手としていい動きをしている。グラシアルの1軍出場は7試合だけ。デスパイネは打率1割台と低迷しているが、チームはその代役としての起用に踏み切っていない。

 ソフトバンクは昨年も、ジェンセンという内野手を獲得していたが、この選手も1軍では6試合だけだった。グラシアルもサブなのだろうが、1軍での活躍も見てみたいところだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」