野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム、レアードがチーム20イニングぶり適時打 「しっかりボールを見て」

日本ハムのブランドン・レアード内野手が20日、本拠地での楽天戦でチームに20イニングぶりの得点をもたらす先制打を放った。

日本ハムのブランドン・レアード【写真:石川加奈子】
日本ハムのブランドン・レアード【写真:石川加奈子】

3回の第2打席では7号ソロ「個人的に調子はいい」

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が20日、本拠地での楽天戦でチームに20イニングぶりの得点をもたらす先制打を放った。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&日本ハム戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 初回2死一、三塁で回ってきた第1打席。「高めに絞っていた。フォークがたくさん来ると思っていた」という狙い通り、楽天・塩見の初球のフォークを左前に弾き返した。

 2試合連続完封負けしていた重苦しいムードを振り払うと「早い段階で先制点を取ってあげられたのは大きかった。加藤投手を援護できて良かったよ。大量点につながったしね」と満足そうにうなずいた。

 4打数無安打に終わった前日のアプローチをすぐさま修正した。「昨日は打席の中で積極的になり過ぎていた。今日は落ち着いてしっかりボールを見ていこうと思った」と振り返る。

 一度感触をつかむと、勢いは止まらない。3回の第2打席は内角直球を捉えて、左翼中段に放り込む7号ソロ。札幌ドームでは3月30日西武との開幕戦以来となるアーチに「個人的に調子はいい。ボールがしっかり見えてきている」と自画自賛だった。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」