野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス金子6回1失点で今季初勝利! チーム3連勝で借金はついに「1」

オリックスの金子千尋投手が23日、敵地の楽天戦(楽天生命パーク宮城)に今季7度目の先発。6回2安打1失点(自責0)の好投を見せ今季初勝利を挙げた。チームは5-2で勝利し3連勝を記録しついに借金は「1」となった。

オリックスの先発・金子千尋が今季初勝利を飾った
オリックスの先発・金子千尋が今季初勝利を飾った

5回に味方のエラーが絡み1点を失ったがエース復活を印象付けた

 オリックスの金子千尋投手が23日、敵地の楽天戦(楽天生命パーク宮城)に今季7度目の先発。6回2安打1失点(自責0)の好投を見せ今季初勝利を挙げた。チームは5-2で勝利し3連勝を記録しついに借金は「1」となった。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 金子の“開幕”がようやく訪れた。ここまで自己ワーストを更新する開幕から4連敗中だったエースが圧巻の投球を見せチームを3連勝に導いた。

 初回を3者凡退と好スタートを切った右腕は140キロ台中盤の直球と、チェンジアップ、カットボールなど七色の変化球を低めに集め4回まで無安打投球を続ける。

 2点リードで迎えた5回。1死からウィーラーの三塁へのゴロを西野が悪送球、さらに続く内田にこの日初ヒットとなる右前打を浴び1死一、二塁。続く細川を三ゴロに仕留めたが、代打・藤田の遊ゴロを安達がまさかのトンネルで1点を失った。

 それでも6回。2死からペゲーロに右前打、銀次を四球で歩かせ2死一、二塁のピンチを招いたがウィーラーを125キロのチェンジアップで空振り三振に仕留め無失点。金子はこの回で降板となり7回からは2番手として黒木がマウンドに上がった。8回を山本、9回は増井が締めた。

 打線は初回に相手エラーで先制すると、5回に宮崎の1号ソロで貴重な追加点を奪うと7回、9回にも追加点を挙げ楽天から5点を奪った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」