野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

強肩3連発! ホークス甲斐の度肝抜く「キャノン砲」が次々に炸裂

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、度肝を抜く3連発の“キャノン砲”を披露した。23日、本拠地ヤフオクドームで行われた西武戦。自慢の強肩で、西武が仕掛けてきた盗塁を次々と阻止。さらには牽制で一塁走者を刺す好プレーも飛び出した。

強肩を魅せたソフトバンク・甲斐拓也【画像:(C)PLM】
強肩を魅せたソフトバンク・甲斐拓也【画像:(C)PLM】

2回、3回に盗塁を阻止すると、6回には一塁牽制で走者刺す

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、度肝を抜く3連発の“キャノン砲”を披露した。23日、本拠地ヤフオクドームで行われた西武戦。自慢の強肩で、西武が仕掛けてきた盗塁を次々と阻止。さらには牽制で一塁走者を刺す好プレーも飛び出した。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 まず2回。先発の石川が2死から金子一に左前安打を浴びて出塁を許す。続く秋山への2球目に金子一がスタート。122キロのカーブを捕球した甲斐は素早くステップし、二塁へのストライク送球で金子一を刺した。2発目は3回。1死一塁、浅村に対しての2球目で走者の源田がスタートを切った。

 これだけでは終わらなかった。1点を勝ち越された6回。なおも2死一塁の場面。金子一への2ボール1ストライクからの4球目、スライダーに打者のバットが空を切ると、一塁走者・岡田の離塁が大きくなったのを見逃さなかった。矢のような送球を一塁へと送り、見事タッチアウト。驚異的な3発の好送球がファンを魅了した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」