野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス柳田が併殺直後の川瀬にかけた言葉とは? 「気持ちが切り替えられて」

23日、プロ初出場初スタメンを飾ったソフトバンクの川瀬晃内野手。結果は4打数ノーヒットに終わったが、守備では十分な働きを見せた。6回裏、満塁での併殺打に肩を落としてベンチへと戻る川瀬に、守備につく柳田悠岐がかけた言葉とは…。

ソフトバンク・川瀬晃(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・川瀬晃(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】

満塁の好機に併殺に倒れたが「いい守備ができた」と感謝

 23日、プロ初出場初スタメンを飾ったソフトバンクの川瀬晃内野手。結果は4打数ノーヒットに終わったが、守備では十分な働きを見せた。6回裏、満塁での併殺打に肩を落としてベンチへと戻る川瀬に、守備につく柳田悠岐がかけた言葉とは…。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 同点あるいは逆転機の1死満塁で回ってきた第3打席。川瀬は初球を叩くも二塁への併殺打に倒れた。ヘルメットを取って悔しそうにベンチに戻る川瀬に、センターの守備へと向かう柳田がグラブで川瀬の胸を叩くようにして声をかけた。

 そのシーンを振り返り「グッスイン! とだけ言われました」と川瀬。“いいスイングだったぞ、気にするな”。その直後の7回表、川瀬は先頭打者の金子一輝のセンターに抜けそうな打球を好捕してアウトに。川瀬は、柳田がかけた何気ないひと言で「気持ちが切り替えられて、直後にいい守備ができました」と感謝した。

 自慢のバットで結果は出せなかったが、この日の悔しさがきっと川瀬を成長させてくれるだろう。そしていつか、若手を勇気づけるひと言をかけられる選手になってくれることを願いたい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」