野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム栗山監督が受け継ぐ「日本一のバトンタッチ」 道を究めた剣士の言葉とは

札幌ドームのマウンドから裸足でボールを投げた人物がいる。18日の日本ハム対楽天戦。剣道で世界一になったこともある栄花直輝さん(50)=北海道警察=が剣道の防具を着け、ノーバウンド投球を披露した。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

18日の楽天戦で剣道世界一の栄花直輝さんが始球式

 札幌ドームのマウンドから裸足でボールを投げた人物がいる。18日の日本ハム対楽天戦。剣道で世界一になったこともある栄花直輝さん(50)=北海道警察=が剣道の防具を着け、ノーバウンド投球を披露した。

【PR】セ・パ交流戦を観るなら「DAZN」 ”初月無料キャンペーン”実施中、登録はこちらから

 4月の全日本都道府県対抗剣道優勝大会で北海道を21年ぶりの優勝に導いたことによって実現したセレモニーだった。「剣道の普及発展のために、このような機会をいただき、ありがたい」と話す栄花さんは「日本一のバトンタッチをしたいと思います」とマウンドから熱いエールを送った。

 その言葉をベンチで聞いていた栗山英樹監督は「すごいプレッシャー」と嬉しそうに笑った。

 実はこの2人、昨年3月に札幌ドームで語り合っていた。「剣道の全日本選手権とか見ていると、勝つべきして勝っているわけで、何かヒントがないかと見ていたりする」と言う栗山監督は、栄花さんが普段どんな生活を送っているのか質問攻めにした。

 その時の様子を栄花さんはこう振り返る。「(日本ハムが)ちょうど2連覇を目指す時で、プレッシャーを乗り越えるために心掛けていることなどを聞かれました。探究心というか、何でも吸収しようとする姿勢が印象的でした」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬