野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・大野雄が3回4失点で2戦連続KO 初回4四球、無安打で2失点

中日の大野雄大投手が、今季2度目の先発も3回4失点でノックアウトされた。27日、敵地マツダスタジアムで行われた広島戦。初回に、いきなりの3連続四球で満塁のピンチを招くと、2つの内野ゴロの間に2点を失う波乱の立ち上がり。3回には鈴木に2ランを浴びてマウンドを降りた。

広島対中日の試合経過
広島対中日の試合経過

初回は3連続四球で満塁とされると、2本の内野ゴロで2点失う

 中日の大野雄大投手が、今季2度目の先発も3回4失点でノックアウトされた。27日、敵地マツダスタジアムで行われた広島戦。初回に、いきなりの3連続四球で満塁のピンチを招くと、2つの内野ゴロの間に2点を失う波乱の立ち上がり。3回には鈴木に2ランを浴びてマウンドを降りた。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

 本来、チームの柱として投げるべき左腕が2試合連続のKOとなった。初回、いきなり先頭の田中を四球で出塁させると、続く菊池にも四球。さらに、松山にも粘られた末の7球目が外れて四球。3連続四球で満塁とされると、続く鈴木のボテボテの遊ゴロの間に三塁走者が生還して先制点を献上した。さらに続く新井には1球もストライクが入らずに、この回4つ目の四球を与えて再び満塁。野間を二ゴロに打ち取る間に、2点目を失った。

 2回からは制球の落ち着きを取り戻したが、3回に松山に中前安打を許すと、鈴木に6号2ランを左翼スタンドへと運ばれ、この回2点を失った。3回までは投げたものの、4回は福谷がマウンドに。左腕は3回2安打1本塁打4四球4失点で降板となった。

 今季初先発となった4月25日の巨人戦でも4回を投げて5安打6四球で5失点KOされていた左腕。この日も初回に4四球を与えて、課題とされた制球が、またも乱れた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」