野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 35歳名捕手がメジャー13年目で初の遊ゴロ処理も 「キャッチャーが好きなんだ」

35歳名捕手がメジャー13年目で初の遊ゴロ処理も 「キャッチャーが好きなんだ」

ブルージェイズのラッセル・マーティン捕手が26日(日本時間27日)、敵地フィリーズ戦でメジャー13年にして初めて遊撃でスタメン出場を果たした。5回の三遊間への当たりを逆シングルで処理し、一塁へ正確な送球を見せたプレーをMLB公式サイトの動画コーナー「CUT4」が紹介している。

ブルージェイズのラッセル・マーティン【写真:Getty Images】
ブルージェイズのラッセル・マーティン【写真:Getty Images】

27日の敵地フィリーズ戦で遊撃でスタメン出場

 ブルージェイズのラッセル・マーティン捕手が26日(日本時間27日)、敵地フィリーズ戦でメジャー13年にして初めて遊撃でスタメン出場を果たした。5回の三遊間への当たりを逆シングルで処理し、一塁へ正確な送球を見せたプレーをMLB公式サイトの動画コーナー「CUT4」が紹介している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ゴールドグラブ1回、オールスター4度出場の名捕手が待望の“遊撃デビュー”を果たした。5回2死からフィリーズ捕手アルファロが放った三遊間へのゴロを逆シングルで捕球。スナップを生かし一塁へロングスローを見せてアウトを奪った。

 MLB公式サイトの動画コーナー「CUT4」は、マーティンがこれまで二塁、三塁、右翼での出場経験があり、捕手として先発出場した15日(同16日)の敵地メッツ戦で、8回守備から遊撃のポジションに就いたが守備機会はなかったことに言及。そして「5回、ついに彼は守備力を発揮するチャンスを得た」と、名捕手のプレーを紹介している。

 また、ブルージェイズ球団公式サイトもこの動画を紹介し「35歳以上で遊撃手を務めた選手はホセ・レイエス以来だった」と伝えている。試合後にはマーティンが「もし毎日ショートでプレーすることを希望されたら、僕は毎日ショートを守るよ。ただ、そういったことは起こらないだろうね。キャッチャーが好きなんだ。年を追うにつれ、(捕手のポジションに)恋に落ちている」とコメントしたことを紹介している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」