野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 田中と大谷、10月のPSで再び激突? NY紙が予想「今週の無安打は忘れよう」

田中と大谷、10月のPSで再び激突? NY紙が予想「今週の無安打は忘れよう」

打者として出場したエンゼルス大谷翔平投手と、ヤンキース田中将大投手の27日(日本時間28日)のMLB初対戦は、3打席2打数無安打2三振と田中が大谷を封じ込んだ。

MLBでの初対決が実現したヤンキース・田中(左)、エンゼルス・大谷【写真:AP】
MLBでの初対決が実現したヤンキース・田中(左)、エンゼルス・大谷【写真:AP】

次の対決はポストシーズン? 「今週無安打に終わったのは忘れよう」

 打者として出場したエンゼルス大谷翔平投手と、ヤンキース田中将大投手の27日(日本時間28日)のMLB初対戦は、3打席2打数無安打2三振と田中が大谷を封じ込んだ。

【PR】「DAZN」でMLB&NPBを観戦しよう! ”初月無料視聴可能”、スポーツコンテンツが充実

 しかし、地元有力紙の「ニューヨーク・タイムズ」は、この3連戦で無安打に終わった大谷について「今週無安打に終わった事実は忘れようじゃないか」と、もしエンゼルスがポストシーズンに進出した際には、大谷がヤンキースにとってさらに強敵になると予想。「投手・大谷」と田中の対戦が、10月に実現する可能性を伝えた。

 この試合、当初は大谷も投手として先発する予定だったが、ソーシア監督が回避。両者の投げ合いは幻に終わった。ヤンキースとエンゼルスは、お互いのホームでの試合を終え、今年のレギュラーシーズンでの対戦はもうない。従って大谷VS田中の対戦が今年再びあるとすれば、ポストシーズンで……ということになる。

 気の早い話だが、今回の対戦を終えた時点で、東地区2位のヤンキースは、ワイルドカード争いでトップ。レッドソックスと激しい争いを繰り広げており、地区優勝を目指している。ワイルドカードは2位にマリナーズ(西地区2位)、エンゼルスは西地区3位、ワイルドカード争いでも3位につけており、ポストシーズン進出の可能性は十分ある。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬