野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「大谷は球界最高の選手」でまた“波紋” 米司会者絶賛に「クレイジーか?」

「大谷は球界最高の選手」でまた“波紋” 米司会者絶賛に「クレイジーか?」

投打にわたる活躍で米メディアを連日賑わせてきたエンゼルスの大谷翔平投手は、28日(日本時間29日)の敵地タイガース戦は出場機会なしに終わった。25~27日(同26~28日)の敵地ヤンキース戦では初の3試合連続無安打。疲労も心配されているが、そのダイナミックなプレーに対する評価は依然として高い。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ラジオ番組司会者が強烈な“オオタニ愛”「エンゼルスには球界最高の2人の選手がいる」

 投打にわたる活躍で米メディアを連日賑わせてきたエンゼルスの大谷翔平投手は、28日(日本時間29日)の敵地タイガース戦は出場機会なしに終わった。25~27日(同26~28日)の敵地ヤンキース戦では初の3試合連続無安打。疲労も心配されているが、そのダイナミックなプレーに対する評価は依然として高い。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現地では、今月10~13日(同11~14日)に対戦したツインズのローガン・モリソン内野手が、13日の第4戦で「投手・大谷」と対戦した後に「おそらく世界最高の選手」と証言し、話題となった。一方で、ラジオ番組の司会者も先日、マイク・トラウト外野手と大谷を「球界最高の2人」と称賛。波紋が広がる中で、強烈な“オオタニ愛”を明かしている。

 FOXスポーツのラジオ番組で司会を務めるダグ・ゴットリブ氏のある呟きが、大谷の“メジャー最高選手議論”の発端となった。

「エンゼルスには球界最高の2人の選手がいる」

 こうツイートすると、他球団のファンが「ムーキー・ベッツはエンゼルスでプレーしていたか?」「ブライス(ハーパー)はそれに関して言いたいことがあるだろう」「落ち着け。彼らにはトラウトという明確な最高選手がいる。だが、自分はジャッジ、スタントン、コレア、ベッツ、シャーザー、ハーパー、ブライアント、リンドーアらを選ぶね」と反応したのだ。

 すると、翌日のラジオ番組で、ゴットリブ氏は自身のツイートに対するこれらの反応を取り上げた。

 まず、26歳にしてMVP受賞2度を誇るトラウトがメジャー最高の選手なのかについて「もしかすると、ムーキー・ベッツの方が今季活躍しているかもしれない。しかし、ここ5年間で誰が最高の選手かといえば、マイク・トラウトだ。これに関してはみんな黙るだろう」と持論を展開。そして、二刀流のスターについても語り始めた。

「ショウヘイ・オオタニです。彼は投手として、打者として活躍している。それは現代野球で誰1人として成しえなかったことだ。野球界で最もダイナミックな選手という議題には入るべき選手だ。彼がまだ長い間プレーしていないことは理解している。それは完全に理解している。私も色々なメジャーリーガーたちとは話をしてきた。トラウトのことは愛している。だが、ショウヘイ・オオタニは球界最高の選手だ。彼はメジャートップ5に入る投手だ。打者としてもトップ15に入る。それが球界最高の選手じゃないか。これはクレイジーな声明になるのでしょうか」

 ベーブ・ルース以来、約100年ぶりの二刀流の道をメジャーで切り拓く大谷について、ゴットリブ氏はメジャーファンの反論にも怯むことなく、世界最高の選手だと断言した。160キロを超える剛速球に宝刀スプリット、スライダーという決め球を操る「投手・大谷」の実力をメジャー5傑とし、「打者・大谷」についてはメジャー15傑と高い評価を下している。この2つを併せ持つからこそ、「球界最高の選手」だという。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」