野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平はプレーオフの切り札!? 元GMが現在の慎重な起用法に理解示す

大谷翔平はプレーオフの切り札!? 元GMが現在の慎重な起用法に理解示す

メジャーデビュー以来、アメリカでセンセーションを巻き起こしているエンゼルスの大谷翔平投手。ベーブ・ルース以来となる100年ぶりの二刀流に挑む右腕に対して、チームは慎重な起用を続けている。マイク・ソーシア監督は5月24日(日本時間25日)に予定されていた敵地ヤンキース戦の先発登板を回避させ、30日(同31日)のタイガース戦に中9日で起用した。ここまでの大谷の起用法について、現地の専門家は“深謀遠慮”の存在を指摘している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

“フル活用”を求める声もあるが…元レッズ&ナショナルズGMは「計画を設けることはない」

 メジャーデビュー以来、アメリカでセンセーションを巻き起こしているエンゼルスの大谷翔平投手。ベーブ・ルース以来となる100年ぶりの二刀流に挑む右腕に対して、チームは慎重な起用を続けている。マイク・ソーシア監督は5月24日(日本時間25日)に予定されていた敵地ヤンキース戦の先発登板を回避させ、30日(同31日)のタイガース戦に中9日で起用した。ここまでの大谷の起用法について、現地の専門家は“深謀遠慮”の存在を指摘している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 地元テレビ局「CBSスポーツ」に登場したのは、レッズとナショナルズでGMを歴任した解説者のジム・ボウデン氏。ここまでの大谷について、自身の見解を明かした。

 二刀流右腕は30日(日本時間31日)の敵地タイガース戦で5回1失点の力投を見せながら、勝敗はつかず。雨による2度の中断で降板となったが、自らが持つ今季メジャー先発投手最速記録を0.1マイル更新する101.1マイル(約162.7キロ)の直球を披露するなど見せ場を作った。しかし、降板直後に救援投手が炎上。力投報われずに敗戦となった。

 この日は中9日のマウンドで立ち上がりに制球を乱すシーンもあった。エンゼルスファンからは、大谷の出場を増やす“フル活用”を求める声も上がっているが、ボウデン氏はチームの起用法に理解を示している。

「(オオタニに関しては)現代野球では誰も目にしたことがないことです。ですので、彼の起用法については慎重なものになっていくことになるでしょう。この男は投手として圧倒的な存在です。そして、打者としても支配的です。我々は両方を十分に見る機会がありませんが、エンゼルスの起用法は流動的であり続けると思います。計画を設けようということはないと思います。1週間に1度先発させる。イニング数を減らす必要が出てきたら、登板日をスキップさせます。彼らは特別なマッチアップを好んでいるわけでもないですからね」

 大谷は投打両面で圧倒的だと絶賛したボウデン氏。起用法に関しては、ソーシア監督ら首脳陣は蓄積疲労をコントロールするために、一定のプランを遵守するというよりも、今後も流動的な形を維持すると分析している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」