野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス交流戦4連勝! 柳田ら3発、千賀4勝目 DeNAは今永3回KOで交流戦初黒星

ソフトバンクが交流戦4連勝を飾った。1日、本拠地ヤフオクドームに戻ってのDeNA戦。上林誠知の逆転3ランなど3本塁打で6点を奪うと、復帰戦となった先発の千賀滉大投手が6回途中まで2失点に抑えるまずまずの好投で3連戦初戦をモノにした。

ホークスが交流戦4連勝を飾った
ホークスが交流戦4連勝を飾った

2回に上林が4号逆転3ランを放つ

■ソフトバンク 6-2 DeNA(1日・ヤフオクドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクが交流戦4連勝を飾った。1日、本拠地ヤフオクドームに戻ってのDeNA戦。上林誠知の逆転3ランなど3本塁打で6点を奪うと、復帰戦となった先発の千賀滉大投手が6回途中まで2失点に抑えるまずまずの好投で3連戦初戦をモノにした。

 2回に先制を許したが、すぐさま試合をひっくり返した。2回1死二、三塁で上林が右翼ポール際スタンドへの4号3ランを放ち、逆転に成功。この回、甲斐にも4号ソロが飛び出して一挙4点を奪った。3回には主砲・柳田がリードを広げる13号2ラン。リードを5点とした。

 右前腕部の張りからの復帰戦となった千賀はまずまずの投球で4勝目。2回に佐野にプロ初本塁打を許し、6回に筒香に適時打を許して2失点だった。6回2死としたところで、工藤公康監督は早々と継投を決断。寺原、嘉弥真、二保と次々に投入。4番手の二保は2回1/3を投げるロングリリーフでDeNAの反撃を凌いだ。

 DeNAは1か月ぶりに先発した今永がKO。上林、甲斐、柳田と3本の本塁打を許し、3回5安打6失点でマウンドを降りた。打線も2回に佐野がプロ初本塁打を放って先制したが、その後はビハインドを跳ね返せず交流戦初黒星を喫した。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」