野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹モイネロに異変? 8回に登板も、四球を出してわずか4球で降板

ソフトバンクのリバン・モイネロ投手が、わずか4球で降板した。2日、本拠地ヤフオクドームで行われたDeNA戦。チームが逆転した直後の8回に登板したが、四球を出してマウンドを降りた。

試合はソフトバンクがリード
試合はソフトバンクがリード

2点リードの8回、1球もストライクが入らず

■ソフトバンク – DeNA(2日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクのリバン・モイネロ投手が、わずか4球で降板した。2日、本拠地ヤフオクドームで行われたDeNA戦。チームが逆転した直後の8回に登板したが、四球を出してマウンドを降りた。

 不可解な降板だった。7回に上林の2ランなどで3点を奪って逆転に成功したソフトバンクは8回、セットアッパーのモイネロがマウンドに上がった。だが、左腕の様子は明らかにおかしい。初球から1球もストライクが入らず4球連続ボールで梶谷に四球を与えた。

 ここで神里に代わり、代打・桑原が打席に。ここで若田部健一投手コーチがマウンドへ向かうと、工藤公康監督もベンチを出て、加治屋蓮投手への交代を告げた。わずか4球での降板に、球場は騒ついていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」