野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “空飛ぶスパイク”だ! ヤ軍の新人王候補に起きた、ちょっぴり笑えるハプニングが話題

“空飛ぶスパイク”だ! ヤ軍の新人王候補に起きた、ちょっぴり笑えるハプニングが話題

時にはいろいろなものが宙を舞う。鳥もそうだし、打球だってそうだ。1日(日本時間2日)にボルティモアで行われたオリオールズ対ヤンキース戦では、ちょっぴり笑える“あるもの”が宙を舞い、話題となった。

三塁を狙うも、惜しくもアウトとなったヤンキース・トーレス【写真:Getty Images】
三塁を狙うも、惜しくもアウトとなったヤンキース・トーレス【写真:Getty Images】

ヤンキースの二塁手として打率.325、9本塁打を放っている新人のトーレス

 時にはいろいろなものが宙を舞う。鳥もそうだし、打球だってそうだ。1日(日本時間2日)にボルティモアで行われたオリオールズ対ヤンキース戦では、ちょっぴり笑える“あるもの”が宙を舞い、話題となった。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 アーロン・ジャッジが16号ソロを放つなどして4-1でヤンキースが勝利したこの試合。珍妙なものが宙を舞ったのは、5回のヤンキースの攻撃中だった。その主は、若き至宝グレイバー・トーレス内野手。この時の模様をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が紹介している。

 この回の先頭打者として、打席に入ったトーレスは、オリオールズの先発キャッシュナーから左翼線を破る痛烈な当たりを放った。左翼手がクッションボールの処理にもたつく間に、快足を飛ばし、一塁を蹴り、二塁を蹴った。その時だった。ややバランスを崩したトレースの背後を何かが浮遊していった。

 トーレスは構わず三塁に突進。そのままヘッドスライディングで突っ込んだのだが、わずかに三塁手のタッチが早く、判定はアウトとなった。残念ながらタッチアウトとなったトーレスだったが、その左足はなぜか裸足。そう、二塁を回ったところで宙を待ったのは、トーレスの足から脱げたスパイクだったのだ。

 「Cut4」が掲載した記事では「もしかすると、三塁へ向かう走塁中の最後の数歩、トーレスの左足の力が上手く伝わらなかったから、アウトになったのかもしれない」とレポート。さらに、MLB公式サイトのブライアン・ホック記者にトーレスが「スパイクを失った時、その数秒が三塁でのアウト(の原因)になった」と語ったことも紹介している。

 今季メジャーデビューを果たし、ここまで34試合に出場して117打数38安打、9本塁打27打点、打率.325と輝かしい成績を残しているトーレス。この新人が驚異的な活躍を続けていることから、記事では「残念ながら、他のチームにとって、これはこのルーキーのペースを落とす永続的な戦略ではない。次からは、トーレスはスパイクの紐をより固く結ぶか、二重に結び、試合に臨むだろう」と締めくくっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」