野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷起用法、エ軍が「慎重」な理由を米経済紙特集「右肘を注意深く管理」

大谷起用法、エ軍が「慎重」な理由を米経済紙特集「右肘を注意深く管理」

ここまで野手として32試合、投手として8試合に出場しているエンゼルス大谷翔平。打者としては3割を切り、打率.282となったが、ここまでチーム4位タイの6本塁打、チーム5位の20打点を記録しており、貢献度は大きい。一方、投手としても4勝1敗、防御率3.18と好成績を残している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

二刀流で躍進する大谷翔平、注目されるエンゼルスの起用法

 ここまで野手として32試合、投手として8試合に出場しているエンゼルス大谷翔平。打者としては3割を切り、打率.282となったが、ここまでチーム4位タイの6本塁打、チーム5位の20打点を記録しており、貢献度は大きい。一方、投手としても4勝1敗、防御率3.18と好成績を残している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 そんな二刀流右腕の起用法について、エンゼルスが慎重に検討している様子を米経済誌「フォーブス」電子版が特集した。「ショウヘイ・オオタニの右肘は、エンゼルスによって注意深く管理されている」との見出しで伝えたのは名物コラムニストとしても知られるバリー・ブルーム記者だ。

 エンゼルスのマイク・ソーシア監督は2日(日本時間3日)のレンジャーズ戦前、大谷の次回登板が6日(同7日)のロイヤルズ戦となることを改めて示唆。今後順調に調整が進めば、先月30日(同31日)のタイガース戦以来、中6日での登板となる。一方、そのタイガース戦は中9日の登板だった。

 これを受け、ブルーム記者は球団側が大谷の右肘の靭帯への影響を踏まえて投手としての負担を管理していると指摘。もしトミー・ジョン手術となれば、12~18か月の休養が必要となることにも触れている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」