野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

松坂大輔と球宴と藤崎台 復興を願うマウンドで、復活した男の勇姿を―

プロ野球界は2018年の交流戦がスタートした。異なるリーグ、普段とは少し異なる雰囲気での戦いで、ファンも楽しんでいることだろう。セパの戦いといえば、「祭り」も近づいてきている。「マイナビ オールスターゲーム2018」。今季は7月13日に京セラドーム大阪で第1戦が、そして7月14日には2016年の熊本地震で被害を受けた藤崎台県営野球場で行われる予定となっている。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

「ファン投票」で2位につける松坂、第2戦の舞台となる藤崎台との縁とは

 プロ野球界は2018年の交流戦がスタートした。異なるリーグ、普段とは少し異なる雰囲気での戦いで、ファンも楽しんでいることだろう。セパの戦いといえば、「祭り」も近づいてきている。「マイナビ オールスターゲーム2018」。今季は7月13日に京セラドーム大阪で第1戦が、そして7月14日には2016年の熊本地震で被害を受けた藤崎台県営野球場で行われる予定となっている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 毎年、注目を集める「ファン投票」は、5月22日から既に始まっており、6月17日まで行われる。投票は各公式戦開催球場や全国のチケットぴあ、有名書店にある投票用紙だけでなく、郵便による投票、そしてインターネットでのWebファン投票でも受け付けており、5月29日からは連日ファン投票結果の中間発表も行われている。

 数々の注目点はあれど、大きな注目を集める1つがセ・リーグの先発投手部門だろう。中間発表でトップに立つのは巨人のエース菅野智之投手であり、これは誰もが納得するところ。そして、2位につけ、この菅野を僅差で猛追しているのが、中日の松坂大輔投手である。

 3年間在籍したソフトバンクを退団し、中日を新天地とした松坂。悩まされてきた右肩の故障から復活を遂げ、中日で先発ローテの一角を担っている。NPBでは4241日ぶりとなる白星をあげただけでなく、ここまで6試合に投げて2勝3敗、防御率2.51の成績。昨季まで全くと言っていいいほど投げられなかった姿がウソのよう。中間発表がスタートした5月29日の段階で菅野と松坂の差は5440票差だったが、6月1日の段階では2633票差に縮まっている。

 1999年に横浜高校から西武に入団した松坂。2007年にレッドソックスに移籍するまでの全8シーズンでオールスターに選出されている。故障による2度の出場辞退こそあったが、その8度のうち6度がファン投票での選出だった。2004年には第1戦でMVPを獲得。2005年には当時巨人に在籍していた清原和博との全球ストレート勝負でファンを沸かせ、オールスターに欠かせぬ存在だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」