野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ピンチで際立つ存在感 ロッテ松永が語る、厳しい場面で抑える極意

「前に投げた投手のランナーなので、走者を返したくないという気持ちが強い」ロッテの松永昂大投手は今季、ここまで19試合に登板しているが、そのうち13試合で走者を背負った場面にマウンドへ上がっている。

ロッテ・松永昂大【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・松永昂大【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

今季登板19試合のうち13試合が走者を背負った場面で登場

「前に投げた投手のランナーなので、走者を返したくないという気持ちが強い」

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテの松永昂大投手は今季、ここまで19試合に登板しているが、そのうち13試合で走者を背負った場面にマウンドへ上がっている。

「途中から行った場合は、ほぼ点に絡む。2日の広島戦は、たまたまランナー一塁から行きましたけど、基本は(イニングの)途中から行く人はピンチの場面で行くので、ヒットを打たれた瞬間に得点されたりすることがある。頭から行った方が気持ち的には楽ですね」

 4月8日の道日本ハム戦では2?2の7回1死満塁の場面で登場し、近藤健介をインコースのスライダーで見逃し三振、続く中田翔を遊ゴロに仕留め、ピンチを脱した。その2日後の4月10日の西武戦では2-1と1点リードの7回2死二塁から先発・石川歩の後を受けてマウンドに上がり、秋山翔吾を見逃し三振に斬った。

 5月29日に始まった「日本生命セ・パ交流戦2018」でも5試合に登板しているが、そのうち4度がランナーのいる状況でのマウンドだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」