野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ジャッジがダブルヘッダーで計8三振の“不名誉”メジャー記録 第2試合は5三振

ジャッジがダブルヘッダーで計8三振の“不名誉”メジャー記録 第2試合は5三振

ヤンキースのスーパースター、アーロン・ジャッジ外野手が4日(日本時間5日)の敵地タイガース戦でダブルヘッダー記録となる2試合計8三振を喫した。

この日のダブルヘッダーで計8三振を喫したヤンキース・ジャッジ【写真:Getty Images】
この日のダブルヘッダーで計8三振を喫したヤンキース・ジャッジ【写真:Getty Images】

2試合で9打数無安打8三振という散々な結果に

 ヤンキースのスーパースター、アーロン・ジャッジ外野手が4日(日本時間5日)の敵地タイガース戦でダブルヘッダー記録となる2試合計8三振を喫した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ジャッジは第1試合に「2番・DH」でスタメン出場し、4打数無安打1四球3三振。さらに、第2試合は「2番・右翼」で出場したが、5打数無安打5三振という散々な結果だった。

「STATS」によると、ダブルヘッダーで計8三振を喫したのは、少なくとも1920年以降では初という不名誉記録。2-4で敗れた第2試合は5打席全て三振に終わった。なお、ヤンキースは第1試合はエース右腕セベリーノの8回4安打2失点10奪三振の快投で7-4で勝利している。

 ジャッジは今季打率.276に下落。ただ、ここまでリーグ6位タイの16本塁打、同5位タイの41打点と打線を牽引している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」