野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

関西ダービーはオリックスが先制! 初回小谷野がタイムリー二塁打

オリックスは初回に1死から福田の右前打、マレーロの四球などで2死一、二塁とすると小谷野が左翼線へタイムリー二塁打を放ち先制に成功した。

“関西ダービー”初戦はオリックスが先制!
“関西ダービー”初戦はオリックスが先制!

通算成績は26勝26敗1分けの五分

■阪神 – オリックス(5日・甲子園)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 オリックスは初回に1死から福田の右前打、マレーロの四球などで2死一、二塁とすると小谷野が左翼線へタイムリー二塁打を放ち先制に成功した。先制打を放った小谷野は「切れそうだったので『切れないでくれ!』と思いながら走っていました。なんとかランナーを返すことができてよかったです」とコメントした。

 甲子園初登板となった先発のアルバースは植田、糸原、福留を3者連続三振に仕留め最高のスタートを切ると、2回も糸井を中飛、中谷を右飛、陽川には右前打を浴びたが続く大山を遊ゴロに抑え無失点に封じた。

 ここまで阪神対オリックスの関西ダービー通算成績は26勝26敗1分けと全くの五分となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」