野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷5勝目ならず 5回マウンドに戻るも即降板 アクシデント発生か…

大谷5勝目ならず 5回マウンドに戻るも即降板 アクシデント発生か…

エンゼルス大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地でのロイヤルズ戦で今季9度目の先発マウンドに上がり、0-1で5回のマウンドに戻ったが、投球練習を終えたところで1人にも投げずに降板した。4回を4安打4奪三振3四球1失点(自責1)で5勝目には届かなかった。

5回のマウンドに上がるも、投げずに降板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
5回のマウンドに上がるも、投げずに降板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

立ち上がりから制球が定まらず、4回に大きく乱して1失点

 エンゼルス大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地でのロイヤルズ戦で今季9度目の先発マウンドに上がり、0-1で5回のマウンドに戻ったが、投球練習を終えたところで1人にも投げずに降板した。4回を4安打4奪三振3四球1失点(自責1)で5勝目には届かなかった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 立ち上がりから制球にばらつきが見られたこの日。初回、2回と走者を背負いながらも無失点に抑え、3回は3者凡退とした。だが、4回になるとさらに制球を乱し、2死二塁からゴードンに右前タイムリーで1点を先制される。さらに2四球で2死満塁としたが、最後はアルモンテを空振り三振で最少失点で切り抜けた。

 5回もマウンドに戻り、投球練習を行ったが、ここでソーシア監督が登場。ナギー投手コーチらとマウンドで大谷の様子を確認すると、そのまま1球も投げずに降板。ベンチへ戻る大谷は、珍しく納得のいかない表情を浮かべた。この日は63球を投げ、ストライクはわずか33球だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」