野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

5月の月間MVP、セは広島大瀬良と中日アルモンテが初受賞 パは岸&柳田

日本野球機構(NPB)は7日、5月に最も活躍した投手、打者に贈られる「日本生命月間MVP賞」の受賞選手を発表。セ・リーグは投手部門が大瀬良大地(広島)、打者部門がソイロ・アルモンテ外野手(中日)で、ともに初受賞となった。

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】
広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

岸は3度目、柳田は5度目の受賞

 日本野球機構(NPB)は7日、5月に最も活躍した投手、打者に贈られる「日本生命月間MVP賞」の受賞選手を発表。セ・リーグは投手部門が大瀬良大地(広島)、打者部門がソイロ・アルモンテ外野手(中日)で、ともに初受賞となった。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 大瀬良は4試合登板で4勝0敗、防御率2.03、2完投をマーク。アルモンテは25試合出場で打率.371、5本塁打、21打点で、リーグトップの36安打を記録した。

 また、パ・リーグは投手部門で岸孝之(楽天)が2014年5月以来となる自身3度目の受賞。打者部門は柳田悠岐外野手(ソフトバンク)が2017年6月以来、自身5度目の受賞を果たした。

 岸は5試合登板で3勝0敗、防御率1.35、2完投。柳田は26試合出場で打率.387、7本塁打、23打点という驚異的な成績で、計10本の殊勲安打を放った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」