野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・吉見、今季最短2回KO ロッテ井上に3ラン浴びるなど8安打6失点

中日の吉見一起投手が、今季最短の2回でノックアウトされた。7日、本拠地ナゴヤドームで行われたロッテ戦。今季7試合目の先発マウンドに上がったが、2回までに8安打6失点を許して、マウンドを降りた。

中日の先発・吉見、2回までに6失点
中日の先発・吉見、2回までに6失点

初回に4点を失うと、2回にも2失点

■中日 – ロッテ(7日・ナゴヤドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 中日の吉見一起投手が、今季最短の2回でノックアウトされた。7日、本拠地ナゴヤドームで行われたロッテ戦。今季7試合目の先発マウンドに上がったが、2回までに8安打6失点を許して、マウンドを降りた。

 初回1死からルーキー藤岡裕に四球を、中村には左前安打。角中に左前適時打を許して先制点を奪われると、2死二、三塁で井上に右翼スタンドへの7号3ランを許し、一挙に4点を失った。2回には、ロッテ先発のルーキー渡邉にプロ初安打となる遊撃内野安打を許すと、2死二、三塁から再び角中に2点適時打を浴びた。

 3回のマウンドには2番手の藤嶋が上がり、吉見は2回8安打6失点でKOとなった。今季ここまでの6試合でワーストでも5回3失点だった吉見だが、今季最短でマウンドを降りることになった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」