野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、鳥谷の決勝打で連敗ストップ 今季初「三塁」でスタメン出場

阪神が鳥谷敬内野手の決勝打で、連敗をストップさせた。7日、本拠地・甲子園球場でのオリックス戦。同点で迎えた6回にこの日「6番・三塁」でスタメン出場した鳥谷が、決勝の適時二塁打を放った。

「6番・三塁」でスタメンの鳥谷が決勝打
「6番・三塁」でスタメンの鳥谷が決勝打

6回に金子千尋から右中間破る適時二塁打

■阪神 2-1 オリックス(7日・甲子園)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 阪神が鳥谷敬内野手の決勝打で、連敗をストップさせた。7日、本拠地・甲子園球場でのオリックス戦。同点で迎えた6回にこの日「6番・三塁」でスタメン出場した鳥谷が、決勝の適時二塁打を放った。

 この回1死から先頭の糸井が右前安打で出塁すると、2死一塁から鳥谷が、オリックス先発の金子千尋から右中間を破る適時二塁打を放った。一塁から糸井が一気に本塁へと生還し、これが決勝点となった。

 先発の秋山が7回7安打1失点の好投で5勝目をマーク。8回からは桑原、ドリスの無失点リレーで、1点のリードを守り切った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」