野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

交流戦の歴代最高勝率は2011年ホークスの「.818」 上回ることはできるか

昨季2年ぶりにリーグ優勝、日本一を達成したソフトバンクはデニス・サファテ投手、岩嵜翔投手、和田毅投手、内川聖一内野手ら主力の故障に加え、松田宣浩内野手、アルフレド・デスパイネ外野手、リック・バンデンハーク投手らが不調に陥ったこともあり、開幕から波に乗れていない。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

交流戦で息を吹き返したホークス、ヤクルトには連敗も…

 昨季2年ぶりにリーグ優勝、日本一を達成したソフトバンクはデニス・サファテ投手、岩嵜翔投手、和田毅投手、内川聖一内野手ら主力の故障に加え、松田宣浩内野手、アルフレド・デスパイネ外野手、リック・バンデンハーク投手らが不調に陥ったこともあり、開幕から波に乗れていない。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 交流戦前最後のカードとなった楽天との3連戦も1勝2敗で負け越し。5月18日から20日にかけて行われたロッテとの3連戦から3カード連続負け越しで、交流戦に突入した。

 交流戦前は思うように白星を挙げられなかったソフトバンクだが、3年連続最高勝率と得意な交流戦で息を吹き返している。最初のカードとなった阪神との3連戦を3連勝で飾ると、続くDeNAとの3連戦も3連勝。ヤクルトに連敗したが、現在6勝2敗、勝率は.750をマークする。阪神戦、DeNA戦のような戦いができれば、交流戦4年連続最高勝率、さらには2011年に記録した交流戦最高勝率.818超えも見えてくる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」