野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、巨人に辛勝で交流戦首位タイ 菊池が7回零封で無傷7勝、打線は菅野KO

西武は8日、巨人に5-4で勝利。試合前まで防御率セ・リーグトップだった菅野から、打線が5回までに5点を奪いKO。先発の菊池は7回2安打3四球3奪三振と巨人打線を圧倒し、開幕から無傷の7勝目を挙げた。

両チームのエースに明暗、西武・菊池は快投、巨人・菅野はKO
両チームのエースに明暗、西武・菊池は快投、巨人・菅野はKO

秋山の先頭打者弾などで菅野から5点奪取、菊池が2安打投球で投げ勝つ

■西武 5-4 巨人(8日・東京ドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 西武は8日、巨人に5-4で勝利。試合前まで防御率セ・リーグトップだった菅野から、打線が5回までに5点を奪いKO。先発の菊池は7回2安打3四球3奪三振と巨人打線を圧倒し、開幕から無傷の7勝目を挙げた。

 初回、西武は先頭・秋山がカウント2-0から菅野の直球を捉え、レフトスタンドに運んだ。先頭打者弾で相手エースの出鼻をくじく。さらに、3回は浅村、山川のタイムリーで2点を追加。4回には秋山がタイムリー、5回には炭谷がタイムリーを放ち、計5得点。2回以外はすべて得点を奪い、菅野をこの回限りでKOした。

 一方、先発の菊池は圧巻の投球。初回は吉川尚のヒット、岡本への四球で2死一、二塁とするも、陽岱鋼は遊ゴロで無失点。2回も2死二、三塁とされながら、坂本勇を中飛に仕留めた。その後はほとんどピンチはなし。4回以降は4イニング連続3者凡退に抑え、106球でマウンドを降りた。

 8回、西武はワグナーが吉川尚に2ランを浴び、9回は増田が2失点もなんとか1点差で逃げ切り勝利。ヤクルトが敗れたため、交流戦7勝2敗で首位タイに浮上した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」