野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日松坂、古巣ホークスから3勝目「いつも通りと思った時点で意識していた」

中日の松坂大輔投手が、古巣ソフトバンクから勝利をつかんだ。8日、ナゴヤドームで行われた一戦。昨季まで3年間を着ていたユニホームを相手に先発し、5回まで3安打1失点と粘りに粘った。打線の援護もあってチームは逃げ切り、最下位脱出。松坂自身も3勝目をマークしたが、試合後は「昨日投手を使っていたから、長いイニングを投げたかった。ブルペンに申し訳なかった。勝って良かった」と反省した上で勝利に安堵した。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

左臀部がつったために、5回3安打1失点、104球で降板

■中日 5-4 ソフトバンク(8日・ナゴヤドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 中日の松坂大輔投手が、古巣ソフトバンクから勝利をつかんだ。8日、ナゴヤドームで行われた一戦。昨季まで3年間を着ていたユニホームを相手に先発し、5回まで3安打1失点と粘りに粘った。打線の援護もあってチームは逃げ切り、最下位脱出。松坂自身も3勝目をマークしたが、試合後は「昨日投手を使っていたから、長いイニングを投げたかった。ブルペンに申し訳なかった。勝って良かった」と反省した上で勝利に安堵した。

 初回2つの四球などから満塁のピンチを背負う波乱の立ち上がりとなった松坂。2回には先頭の甲斐に四球を与えると、1死から千賀のボテボテのゴロを松坂、一塁のビシエド、二塁の高橋でお見合い。明石にも四球を与えて満塁となり、塚田の一、二塁間へのゴロを処理した高橋の野選で1点を奪われた。

 ただ、なおも満塁のピンチを、中村晃を空振り三振。さらに「彼を打たせたら勢いづかせてしまう。結果的に抑えられて良かった」という柳田を見逃し三振。連続三振で窮地を切り抜けると、3回、4回も走者を許しながら得点は与えず。5回まで3安打4四球1失点と粘って104球。左臀部をつるような症状があったため、この回で降板することになった。

 3年間在籍しながら、右肩の故障に苦しみ、公式戦わずか1試合の登板に終わったソフトバンク時代。そんな古巣との対戦に「いつも通りと思った時点で、意識していたんでしょうね」と古巣との一戦を振り返っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」