野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、10日に検査 両もも裏張りの状態は…指揮官「深刻度は分からない」

田中将大、10日に検査 両もも裏張りの状態は…指揮官「深刻度は分からない」

8日(日本時間9日)の敵地メッツ戦で5回1安打1失点と好投したものの、両太もも裏に張りを感じて75球で緊急降板したヤンキースの田中将大投手。今後の見通しについては、9日(同10日)にドクターの診断を受けてから明らかになる見込みが、アーロン・ブーン監督は通常通りの間隔でマウンドに上がっても「驚かない」と試合後に明かしている。

5回、犠飛で得点を挙げるも険しい表情を見せるヤンキース・田中将大【写真:AP】
5回、犠飛で得点を挙げるも険しい表情を見せるヤンキース・田中将大【写真:AP】

5回まで1安打1失点の快投「グレートだった」「スプリットは本当に強力だった」

 8日(日本時間9日)の敵地メッツ戦で5回1安打1失点と好投したものの、両太もも裏に張りを感じて75球で緊急降板したヤンキースの田中将大投手。今後の見通しについては、9日(同10日)にドクターの診断を受けてから明らかになる見込みが、アーロン・ブーン監督は通常通りの間隔でマウンドに上がっても「驚かない」と試合後に明かしている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 初回に先頭打者弾を浴びた田中だったが、その後は5回まで圧巻の投球。しかし、6回表の攻撃で打席に立った右腕は1死から相手のエラーで出塁すると、その後三塁まで進んでからジャッジの犠飛で生還した際にバランスを崩す場面があった。そして、6回裏のマウンドには上がらなかった。

 地元TV局「YESネットワーク」は試合後のアーロン・ブーン監督の会見の様子を公開。指揮官は「深刻度は分からない。どういった状態にあるか、明日検査する予定だ」と話した。DH制のあるア・リーグでプレーする田中が、ナ・リーグ本拠地で開催された交流戦で慣れない走塁の際に負傷するという事態となったが、「DHが大好きだ。どこでもね。僕はそちら側だよ」とも言及した。

 一方で、この日の投球については「グレートだった」と絶賛。「どれほど三振を奪ったかは分からないが、先頭打者本塁打の後、スプリットは本当に、本当に強力だったと思う」。こう話した上で、次回先発については「(登板しても)驚かないよ。どうなるか分からない。どちらになっても驚かない」と軽症であることを願っている様子だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」