野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日3連勝で交流戦初勝ち越し 松坂登板翌試合は7戦全勝 ホークスは4連敗

中日が3連勝で交流戦初の勝ち越しに成功した。9日、本拠地ナゴヤドームでのソフトバンク戦。初回にビシエドの適時打で先制し、6回に福田が貴重なソロ。先発のガルシアが鷹打線を相手に9回3安打無失点で今季2度目の完封勝利。リーグ2位タイの7勝目をマークし、交流戦4カード目にして初めて勝ち越しに成功した。

中日のオネルキ・ガルシア【写真:荒川祐史】
中日のオネルキ・ガルシア【写真:荒川祐史】

先発のガルシアは9回3安打無失点、今季2度目の完封勝利で防御率トップ再浮上

■中日 3-0 ソフトバンク(9日・ナゴヤドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

  中日が3連勝で交流戦初の勝ち越しに成功した。9日、本拠地ナゴヤドームでのソフトバンク戦。初回にビシエドの適時打で先制し、6回に福田が貴重なソロ。先発のガルシアが鷹打線を相手に9回3安打無失点で今季2度目の完封勝利。リーグ2位タイの7勝目をマークし、防御率1.96でトップに再浮上した。中日は交流戦4カード目にして初めて勝ち越しに成功した。

 前日に松坂の3勝目で先勝した勢いそのままに、幸先よく先手を奪った。初回、四球で出塁した大島を二塁に置き、4番のビシエドが中前適時打を放って1点を先制した。その後はソフトバンク先発のバンデンハークの前に無得点が続いていたが、6回1死から福田が左中間スタンドへの5号ソロで追加点。8回には1死三塁で福田が左犠飛を放ち、リードを広げた。

 先発のガルシアはソフトバンク打線を手玉に取る好投。2回に松田、上林の連打で無死一、二塁とされたが、今宮、市川、バンデンハークの下位打線を打ち取り難なくピンチを脱出。6回には先頭の川島に二塁打を浴び、犠打で1死三塁とされたが、続く中村晃を投ゴロ、柳田をニゴロで切り抜けた。左腕は9回3安打無失点で今季2度目の完封勝利。これで松坂大輔投手が登板した次の試合は7連勝となった。

 ソフトバンクは交流戦開幕6連勝から一転、まさかの4連敗。先発のバンデンハークは6回6安打2失点と役割を果たしたが、打線が援護出来ず。2回無死一、二塁では下位打線が繋がらず、6回1死三塁では3番の中村晃がスクイズを仕掛けたが、あえなく失敗。中日先発のガルシアから1点も奪えなかった

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」