野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト、カラシティーが来日最長5回無失点で3勝目 先発転向の可能性も

ヤクルトは9日、本拠地で行われたオリックス戦を7-3で勝利した。先発の原が2回3失点で早々と降板したが2番手で登板したカラシティーが来日最長となる5回を1安打無失点と好投。打線も初回に6点を奪いリードを守り抜いた。

2番手として登板し5回無失点の好投を見せたヤクルト・カラシティー【写真:荒川祐史】
2番手として登板し5回無失点の好投を見せたヤクルト・カラシティー【写真:荒川祐史】

ここまで全て中継ぎで登板のカラシティーは先発転向か?

■ヤクルト 7-3 オリックス(9日・神宮)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ヤクルトは9日、本拠地で行われたオリックス戦を7-3で勝利した。先発の原が2回3失点で早々と降板したが2番手で登板したカラシティーが来日最長となる5回を1安打無失点と好投。打線も初回に6点を奪いリードを守り抜いた。

 初回2死三塁から吉田正に右前タイムリーを浴び先制を許したヤクルト。だが、その裏。無死満塁からバレンティンの三ゴロ併殺で同点に追いつくと、2死一、三塁から西浦の左前タイムリーで勝ち越すと、続く中村が左翼席へ2号3ランを放ち一挙6点を奪い逆転に成功した。

 先発の原は2回に3安打集中され2点を失うとこの回で降板。2回4安打3失点で今季初勝利はまたもお預けとなった。それでも3回から2番手で登板したカラシティーが来日最長となる5イニングを1安打無失点に抑える好投を見せ4勝目を挙げた。ここまでカラシティーは17試合に全て中継ぎとして登板しているが、次回登板は先発する可能性も出てきた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」