野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス、ディクソン来日最短1回6失点KO 「この結果は欲しくなかった」

オリックスのブランドン・ディクソン投手が9日、神宮球場で行われたヤクルト戦で今季8度目の先発で来日最短となる1回5安打6失点で5敗目を喫した。序盤で試合を壊し、今だ未勝利の右腕は「この結果は欲しくなかった」と反省を口にした。

1回6失点で降板したオリックスのブランドン・ディクソン【写真:荒川祐史】
1回6失点で降板したオリックスのブランドン・ディクソン【写真:荒川祐史】

無死満塁からバレンティンを併殺に抑えたが、その後に連打を浴びる

■ヤクルト 7-3 オリックス(9日・神宮)

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスのブランドン・ディクソン投手が9日、神宮球場で行われたヤクルト戦で今季8度目の先発で来日最短となる1回5安打6失点で5敗目を喫した。序盤で試合を壊し、今だ未勝利の右腕は「この結果は欲しくなかった」と反省を口にした。

 来日6年目の助っ人右腕が初回で姿を消した。先頭の山田に中前打、青木に死球、そして川端の送りバントを処理しきれず内野安打としいきなり無死満塁のピンチを背負う。続くバレンティンの三ゴロ併殺の間に1点を失うと、雄平に四球を与え2死一、三塁。ここで藤井に投手内野安打、西浦に左前タイムリー、そして中村には左翼席へ痛恨の3ランを浴び一挙6失点。

 無死満塁の場面で1点を失ったが併殺を取り、立ち直るきっかけを掴んだかと思われたがヤクルト打線を止めることはできなかった。来日最短となる1回で降板となった右腕は「この結果は欲しくなかった。先発としての役割を果たせず申し訳ない」と、言葉少なに球場を後にした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」