野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人も勝ってセ6球団が全勝 坂本勇が値千金の逆転3ラン、パ首位の西武破る

巨人は9日、本拠地での西武戦に8-4で勝利した。1点を追う7回に主将の坂本勇が値千金の逆転3ラン。会心の一発で試合を決めた。デーゲームでもセ・リーグ5チームが勝っていたため、この日はセ全勝。巨人の最下位からの脱出はならなかった。

巨人対西武の試合結果
巨人対西武の試合結果

阿部も3ランでデーゲームのセ5チームに続く、全球団勝利のため最下位脱出はならず

■巨人 8-5 西武(9日・東京ドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 巨人は9日、本拠地での西武戦に8-5で勝利した。1点を追う7回に主将の坂本勇が値千金の逆転3ラン。会心の一発で試合を決めた。デーゲームでもセ・リーグ5チームが勝っていたため、この日はセ全勝。巨人の最下位からの脱出はならなかった。

 初回、巨人は4番・岡本のタイムリーで先制。さらに、3回にも岡本がタイムリーを放ち、西武先発の多和田から2点をもぎ取った。一方、巨人先発の田口は3回まで無失点も、4回に外崎にソロ本塁打を浴びて1点差に。そして、6回は1死二、三塁のピンチを背負うと、森に逆転タイムリーを浴びた。

 巨人打線は4回から3イニング連続3者凡退と多和田に抑え込まれる。しかし、7回に2四球で2死一、二塁とすると、坂本勇が左中間へ会心の逆転3ラン。頼れる主将の一発で試合をひっくり返した。

 それでも、8回には5番手・沢村が中村に今季1号となるソロ本塁打を被弾。1点差に迫られるが、その後のピンチでは秋山、源田を打ち取り、リードを死守した。

 すると、その裏には阿部がリードを4点に広げる貴重な3ラン。9回はマシソンが抑えた。最下位脱出はならなかったものの、デーゲームで勝利した5チームに巨人も続いた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」