野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の負傷離脱 米名物コラムニスト傷心「球界全体の痛手」「心が張り裂ける」

大谷の負傷離脱 米名物コラムニスト傷心「球界全体の痛手」「心が張り裂ける」

右肘内側側副靱帯に2度の損傷があることが判明し、8日(日本時間9日)に10日間の故障者リスト(DL)に入ったエンゼルス大谷翔平投手。7日(同8日)にロサンゼルスで医師の診断を受け、多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受けた。

故障者リスト入りが発表されたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
故障者リスト入りが発表されたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷、右肘内側側副靱帯の損傷でDL入り

 右肘内側側副靱帯に2度の損傷があることが判明し、8日(日本時間9日)に10日間の故障者リスト(DL)に入ったエンゼルス大谷翔平投手。7日(同8日)にロサンゼルスで医師の診断を受け、多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受けた。3週間後に再検査を受けるまでノースロー調整を行う予定だが、長期離脱は避けられない。開幕以来メジャーにセンセーションを巻き起こしてきた二刀流の故障に、米紙の名物コラムニストも「エンゼルスだけの痛手じゃない。球界全体の痛手だ」との見出しで特集記事を掲載し、嘆いた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ベーブ・ルース以来の二刀流に挑んでいる大谷の肘に起きた異変は、米メディアにも衝撃を与えた。早速特集記事を掲載したのは米全国紙「USAトゥデー」電子版だった。執筆した同紙の名物コラムニストのボブ・ナイチンゲール記者は「このニュースに心が張り裂けそうな思いがする。ロサンゼルス・エンゼルスだけにとどまらない。メジャーリーグ全体にとって、だ。エンゼルスの新人スター、ショウヘイ・オオタニは投打で球界を魅了してきた。ベーブ・ルース以来、最高の二刀流選手としてだ」とレポート。球界全体が断腸の思いで包まれていることを伝えた。

 また「オオタニはオールスターで最大の見せ場になるはずだった。球宴で打って投げる史上初の選手になるはずだった。だが、少なくとも7月後半までは離脱することになりそうだ。それも、全てがうまくいった場合は、だ」と伝え、球宴出場が絶望となった状況にも落胆の色をにじませた。

 同記者は、大谷がトミー・ジョン手術にまで至った場合は、2020年シーズンまで欠場する可能性も指摘。「世界中の野球ファンを大変気の毒に思う。彼を享受し、尊敬し、崇めるには、何もエンゼルスファンである必要はない。我々はできるだけ早い復帰を願うばかりだ。自分たちの自己中心的な理由になってしまうが、彼を見ることは間違いなく喜びなのだから」とし、二刀流スターの早期復活を心から願っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」