野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

セ・リーグ、史上3度目の「6戦全勝」 今年こそ「弱いセ」の汚名返上なるか

6月9日の交流戦は、セ・リーグの主催試合6試合が行われたが、セ・リーグが全勝。交流戦でセが全勝したのは、史上3度目だ。

交流戦好調のヤクルトを指揮する小川監督【写真:荒川祐史】
交流戦好調のヤクルトを指揮する小川監督【写真:荒川祐史】

「6戦全勝」を達成した2シーズンはセ・リーグが健闘

 6月9日の交流戦は、セ・リーグの主催試合6試合が行われたが、セ・リーグが全勝。交流戦でセが全勝したのは、史上3度目だ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 交流戦でのセ・リーグの6戦全勝 左側がホームチーム。()は開催球場。

▽2008年6月18日

◯巨人2-1オリックス●
4回戦(東京ドーム)
◯ヤクルト3-2ソフトバンク●
3回戦(長野)
◯横浜4-1ロッテ●
4回戦(横浜)
◯中日3-2西武●
4回戦(富山)
◯阪神8-1楽天●
4回戦(甲子園)
◯広島2-1日本ハム●
4回戦(広島)

▽2014年6月15日

●日本ハム2-3ヤクルト◯
4回戦(札幌ドーム)
●楽天2-3巨人◯
4回戦(コボスタ宮城)
●西武1-8阪神◯
4回戦(西武ドーム)
●ロッテ5-8広島◯
4回戦(QVCマリン)
●オリックス4-6中日◯
4回戦(京セラD大阪)
●ソフトバンク1-5DeNA◯
4回戦(ヤフオクドーム)

▽2018年6月9日

◯巨人8-5西武●
2回戦(東京ドーム)
◯ヤクルト7-3オリックス●
2回戦(神宮)
◯DeNA4-3日本ハム●
2回戦(横浜)
◯中日3-0ソフトバンク●
2回戦(ナゴヤドーム)
◯阪神3-2ロッテ●
1回戦(甲子園)
◯広島2-1楽天●
2回戦(マツダ)

 一般的にプロ野球ではホームチームの勝率が高くなる。交流戦ではその傾向がさらに顕著になる。今回も含めた3例の中で、2008年と2018年の記録はセは主催試合で6連勝しているが、2014年はロードで6連勝。これは極めて珍しい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」