野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人、ルーキー大城がプロ初のサヨナラ打 パ・リーグ首位・西武に勝ち越し

巨人が10日、東京ドームで行われた西武戦を3-2で勝利した。9回1死満塁の場面で代打で登場したドラフト3位ルーキー大城がプロ初のサヨナラタイムリーを放った。

巨人対西武の試合結果
巨人対西武の試合結果

9回1死満塁から代打で登場し右越えサヨナラタイムリー

■巨人 3×-2 西武(10日・東京ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 巨人が10日、東京ドームで行われた西武戦を3-2で勝利した。9回1死満塁の場面で代打で登場したドラフト3位ルーキー大城がプロ初のサヨナラタイムリーを放った。

 2-2の同点で迎えた9回。先頭の岡本が投手強襲の内野安打で出塁すると、続く阿部が送りバントで1死二塁とサヨナラのチャンスを作ると、続く亀井は申告敬遠、陽岱鋼の三塁内野安打で1死満塁。ここで代打・大城が右越えにサヨナラタイムリーを放ち試合を決めた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」