野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島、西川の値千金1号3ランで3連勝 緒方監督「まさかの一発、だったね」

広島は10日、マツダスタジアムで行われた楽天戦に3-0で勝利し、同一カード3連勝で交流戦成績を6勝5敗とした。

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

先発の九里は6回無失点の好投「いいピッチングをした」

■広島 3-0 楽天(10日・マツダスタジアム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 広島は10日、マツダスタジアムで行われた楽天戦に3-0で勝利し、同一カード3連勝で交流戦成績を6勝5敗とした。

 先発の九里が6回無失点と好投し、7回からは今村、ジャクソン、中崎のリレーで楽天に得点を許さなかった。打線は楽天先発の美馬の前に6回まで無得点だったが、7回に西川が値千金の3ラン本塁打を放った。

 試合後、緒方監督は「九里がいいピッチングをした」と勝ち星はつかなかったが6回無失点の先発の名前を挙げ、「この3試合は先発がしっかり試合を作って、中継ぎもいい仕事をした」と、交流戦序盤は崩壊状態だった投手陣の建て直しを評価した。

 2試合連続で6回まで0-0の展開となり、この日も勝敗を決めたは7回の攻撃だった。「2アウトになった後、アツ(會澤)がつないでチャンスを作って、西川がまさかの一発、だったね」と含みを込めた表現でヒーローを称えた。

 今季の西川は三塁のレギュラー候補に期待されながら、打撃不振や故障などで精彩を欠いている感もある。指揮官は「2軍に行ってもらって、調整してまたやってもらっているけど、今日はいい仕事をしたね。あとは痛いかゆいと言わずにやってほしいね」と下位打線のキーマンになり得る存在に期待を込め、さらなる奮起を促していた。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」