野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・秋山首位打者、浅村本塁打、打点の2冠…18年第11週投打5傑【パ編】

交流戦も折り返し地点を越えた。圧倒的な強さを見せていたパ・リーグだが、今週は状況が一変した。今週の投打5傑を見ていこう。

西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】
西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

パ・リーグは大きく負け越したが西武が依然として首位をキープ

 交流戦も折り返し地点を越えた。圧倒的な強さを見せていたパ・リーグだが、今週は状況が一変した。今週の投打5傑を見ていこう。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

【パ・リーグNPB第11週(6/4-6/10)】

1西武(5試合3勝2敗0分、勝率.600)
1ロッテ(5試合3勝2敗0分、勝率.600)
3オリックス(5試合2勝3敗0分、勝率.400)
4楽天(6試合2勝4敗0分、勝率.333)
5日本ハム(5試合1勝4敗0分、勝率.200)
5ソフトバンク(5試合1勝4敗0分、勝率.200)

 パ・リーグは今週12勝19敗と大きく負け越し。6月9日にはセに6戦全敗するなど、劣勢だった。西武、ロッテが辛うじて勝ち越し。ソフトバンクは4連敗していたが10日に白星。

【打者5傑】

○安打
1秋山翔吾(西)10
2荻野貴司(ロ)9
2角中勝也(ロ)9
4浅村栄斗(西)8
4茂木栄五郎(楽)8
6吉田正尚(オ)7
6中田翔(日)7

○本塁打
1浅村栄斗(西)4
2柳田悠岐(ソ)3
3山川穂高(西)2
3外崎修汰(西)2
3近藤健介(日)2

○打点
1浅村栄斗(西)8
2柳田悠岐(ソ)6
2角中勝也(ロ)6
4ウィーラー(楽)5
4中田翔(日)5
4レアード(日)5

○盗塁
1藤岡裕大(ロ)2
 1盗塁 13人

○打率(規定打席以上)
1秋山翔吾(西).476
2角中勝也(ロ).450
3荻野貴司(ロ).429
4中田翔(日).412
5浅村栄斗(西).381

○RC(Runs Created)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1秋山翔吾(西)7.63
2浅村栄斗(西)7.60
3荻野貴司(ロ)5.60
4角中勝也(ロ)5.43
5山川穂高(西)4.93

 西武の秋山翔吾が、21打数10安打、打率.476の大当たり。同僚の浅村栄斗は、4本塁打8打点で2部門トップと打撃部門を首位チームが独占している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」