野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ブレーブス右腕が投じた超遅球に驚愕の声「本当に遅い…」 登板中には泥棒に…

ブレーブス右腕が投じた超遅球に驚愕の声「本当に遅い…」 登板中には泥棒に…

現代の野球で魔球といえば「ナックルボール」を思い浮かべる人が多いだろう。回転数が少なく空気抵抗によって揺れるように不規則に変化する遅球で、米国では「バタフライピッチ」とも呼ばれる。MLB公式動画サイト「Cut4」はブレーブスのアニバル・サンチェス投手が投じた65.8マイル(約106キロ)の遅球を紹介し、大きな反響を呼んでいる。

ブレーブスのアニバル・サンチェス【写真:Getty Images】
ブレーブスのアニバル・サンチェス【写真:Getty Images】

アニバル・サンチェスが投じたチェンジアップは65.8マイル(約106キロ)

 現代の野球で魔球といえば「ナックルボール」を思い浮かべる人が多いだろう。回転数が少なく空気抵抗によって揺れるように不規則に変化する遅球で、米国では「バタフライピッチ」とも呼ばれる。MLB公式動画サイト「Cut4」はブレーブスのアニバル・サンチェス投手が投じた65.8マイル(約106キロ)の遅球を紹介し、大きな反響を呼んでいる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 この1球が投じられたのは、9日の敵地でのドジャース戦の5回だった。無死一塁でヤスマニ・グランダルを打席に迎えたサンチェス。2ボール2ストライクからの5球目に投じたのは、ハエの止まるような超遅球だった。グランダルはボールを待ちきれずに体勢を崩され、バットはものの見事に空を切った。
 
 球種自体はチェンジアップだったが、「Cut4」は「アニバル・サンチェスはこれをバタフライピッチと呼ぶ。我々はこれを魔法と呼ぶ」として、この場面をツイッターやインスタグラムでも紹介。あまりに遅い変化球にファンからも、ため息混じりの驚きの声が寄せられた。

「素晴らしい…」

「ワオ」

「これはえげつない!」

「浮かんでいるようだ」

「これはアンフェアだ」

「本当に遅い球だ」

「美しい」

 驚きの遅球を投じたサンチェスだったが、この登板中にとんでもない事件に巻き込まれていた。米スポーツ専門メディア「スポルティングニュース」が報じたところによると、この試合中、ロサンゼルスで宿泊していたホテルのサンチェスの部屋に泥棒が入り、10万ドル以上の宝飾品類が盗まれていたという。

 この試合で6回途中3安打2失点と好投し、今季2勝目をあげたサンチェス。おそらく勝利の瞬間は喜びに浸っていたであろうが、この知らせを聞いた瞬間、その喜びは吹き飛んでしまったのではないだろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」