野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハム斎藤佑樹、2回に先制点許す 梅野のゴロが遊撃への適時内野安打に

日本ハムの斎藤佑樹投手が12日、本拠地・札幌ドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がったが、2回に先制点を奪われた。

日本ハム・斎藤佑樹【写真:石川加奈子】
日本ハム・斎藤佑樹【写真:石川加奈子】

初回は無失点も、2回に3本の安打で1点失う

■日本ハム – 阪神(12日・札幌ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの斎藤佑樹投手が12日、本拠地・札幌ドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がったが、2回に先制点を奪われた。

 注目の立ち上がり、初回を無失点に封じた斎藤。続く2回1死から中谷に左前安打を許すと、2死から陽川にも左前安打。さらに鶴岡のパスボールで二、三塁とされると、梅野の遊撃へのゴロが適時内野安打となり、先制点を許した。やや不運な形で1点を失った右腕だったが、最後は植田を空振り三振に斬り、最少失点で凌いだ。

 今季2試合目の先発となった斎藤。今季初先発となった4月7日のロッテ戦では相手打線を無安打に抑えながら、6四球2死球と制球を乱して1失点で4回途中でノックアウトされていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」