野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム斎藤佑樹、大炎上 四球連発で4回7失点KOに「申し訳なかった」

日本ハムの斎藤佑樹投手が、7失点の大炎上で4回KOを食らった。12日、本拠地・札幌ドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がった右腕。四球からピンチを招く悪循環に陥り、4回7失点でノックアウトに。今季初白星をまたしても逃すこととなり、降板後は球団を通じて「調子どうこうではなく結果的に失点してしまい、試合を作れませんでした。中継ぎ陣にも迷惑を掛け、またカードの初戦を任されたにもかかわらず、申し訳なかったです。」とコメントした。

今季2度目となる先発マウンドに臨んだ日本ハム・斎藤佑樹【画像:(C)PLM】
今季2度目となる先発マウンドに臨んだ日本ハム・斎藤佑樹【画像:(C)PLM】

今季2度目の先発マウンドに上がったが、四球病変わらず

■日本ハム – 阪神(12日・札幌ドーム)

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&日本ハム戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 日本ハムの斎藤佑樹投手が、7失点の大炎上で4回KOを食らった。12日、本拠地・札幌ドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がった右腕。四球からピンチを招く悪循環に陥り、4回7失点でノックアウトに。今季初白星をまたしても逃すこととなり、降板後は球団を通じて「調子どうこうではなく結果的に失点してしまい、試合を作れませんでした。中継ぎ陣にも迷惑を掛け、またカードの初戦を任されたにもかかわらず、申し訳なかったです。」とコメントした。

 初回は無失点に封じた斎藤だったが、続く2回に先制点を許した。1死から中谷に左前安打を許すと、2死から陽川にも左前安打。さらに鶴岡のパスボールで二、三塁とされ、梅野の遊撃へのゴロが適時内野安打に。1点を失うと、3回には先頭の糸原に四球、高山に右前安打を許し、糸井にはこの日3つ目の四球を与えて1死満塁。ここで中谷に左犠飛を浴びて2点目を献上した。

 4回、再び先頭の梅野に四球を与えると、植田の投前のバントが内野安打に。糸原の犠打で1死二、三塁とされると、高山に右中間への1号3ランを被弾。さらに糸井に右前安打を許し、中谷には左翼ポール際スタンドへの2ラン。一挙に5点を失い、この回限りでマウンドを降りた。

 今季初先発となった4月7日のロッテ戦では相手打線を無安打に抑えながら、6四球2死球と制球を乱して4回途中1失点でノックアウトされていた。この日も4回8安打2本塁打6四球7失点の大炎上。4イニングのうち3イニングで先頭打者を四球で出塁させており、前回と変わらぬ背信の投球となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」