野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、散発2安打完敗も…名手・菊池が驚異的守備範囲で美技、敵地沸かせる

広島は12日のオリックス戦に1-4で敗戦。打線が散発の2安打とオリックス投手陣に抑え込まれたものの、名手・菊池が美技で敵地・京セラドームを沸かせる場面があった。

広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】
広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】

8回にオリ吉田正の一二塁間への打球に…

■オリックス 4-1 広島(12日・京セラD大阪)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島は12日のオリックス戦に1-4で敗戦。打線が散発の2安打とオリックス投手陣に抑え込まれたものの、名手・菊池が美技で敵地・京セラドームを沸かせる場面があった。

 この試合、先発の福井が2回に大城に先制2ランを被弾。さらに、4回はT-岡田の犠飛で追加点を許した。5回に新井のソロ弾で1点を返すも、6回には福井がロメロにソロ弾を被弾。再び引き離された。

 苦しい戦いが続く中、広島にとって数少ない見せ場の1つとなったのが、8回の菊池の守備だ。2死一塁の場面で、吉田正の二遊間へのゴロを猛然と追いかける。驚異的な守備範囲で打球に追いつくと、深い位置から倒れ込みながら送球。見事に吉田正をアウトに仕留めた。

 広島は9回、2死から丸が四球で出塁するも、最後は鈴木が空振り三振に倒れて完敗。菊池自身も4打数無安打2三振に終わるなど打線がふるわず、魅せるプレーも勝利にはつながらなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」