野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹珍し、連続失策から大量4失点 二ゴロをお手玉の明石「出来ることを…」

12日にヤフオクドームで行われた巨人戦。2回、大量点のきっかけとなる連続失策を犯した1人が明石健志内野手だった。阿部慎之助の打球を一、二塁間の深い位置で捕りながらも、送球に移る際にお手玉。内野安打かと思われたが、判定はエラーとなって松田宣浩とともに4失点のきっかけを作った。試合後は微妙な判定を不服とすることなく、自らのプレーを猛省した。

ソフトバンク・明石健志【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・明石健志【写真:藤浦一都】

2回無死で松田、明石の連続エラーから4点を奪われて大敗

■巨人 8-2 ソフトバンク(12日・ヤフオクドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 12日にヤフオクドームで行われた巨人戦。2回、大量点のきっかけとなる連続失策を犯した1人が明石健志内野手だった。阿部慎之助の打球を一、二塁間の深い位置で捕りながらも、送球に移る際にお手玉。内野安打かと思われたが、判定はエラーとなって松田宣浩とともに4失点のきっかけを作った。試合後は微妙な判定を不服とすることなく、自らのプレーを猛省した。

 完全なヒットコースの打球に追いつきながらもボールが手につかなかった。スコアボードには「E」のランプ。明石は「捕って普通に投げていれば、いいタイミングだったと思う」と、そのシーンを振り返り、取り囲んだ記者たちから「(エラーは)厳しい判定だった」と問われても「判定がどうのではなく、できることをしていかなないと」と言い訳はしなかった。

 巨人の先発・山口俊について「球の勢いもあったし、いいところに来ていた」としながらも、5回には三遊間を抜くクリーンヒット。8回にも内野安打を放ってマルチヒットを記録するなど、自らのエラーを取り返そうと懸命にバットを振った。最後の打席は、いい当たりを放ちながらも右翼手の正面を突き、この日の最後の打者となった。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」