野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ中村が決勝の先制適時打 サヨナラ失策の汚名返上「もっと突き詰めて」

ロッテの中村奨吾内野手が12日、本拠地でのDeNA戦の初回に右前への先制適時打を放ち、結果的にこれが決勝点となった。9日の甲子園での阪神戦、延長12回に併殺コースの遊ゴロで一塁へ悪送球して決勝の走者が生還。2戦連続失策サヨナラ負けの汚名返上挽回への思いもあったことだろう。

ロッテ・中村奨吾【写真:荒川祐史】
ロッテ・中村奨吾【写真:荒川祐史】

初回、初球のカーブを弾き返して右前適時打

■ロッテ 3-0 DeNA(12日・ZOZOマリン)

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテの中村奨吾内野手が12日、本拠地でのDeNA戦の初回に右前への先制適時打を放ち、結果的にこれが決勝点となった。9日の甲子園での阪神戦、延長12回に併殺コースの遊ゴロで一塁へ悪送球して決勝の走者が生還。2戦連続失策サヨナラ負けの汚名返上挽回への思いもあったことだろう。

 初回、藤岡裕がウィーランドの初球を左中間二塁打とすると、「初球を打った流れに乗れた」と、同じく初球のナックルカーブを右前に弾き返した。「甘い球がきたら振っていこうと思っていたが、甘い球がきてラッキーだった。真っすぐ狙いではあったが、見たことのない投手だったので(逆に先入観なしで初球の)カーブにも反応できた」と言う。

 サヨナラ失策の翌日はノーヒットに終わっていたが、チームの勝利は何よりの良薬。「良くても悪くても、切り替えて、切り替えて。引きずらないようにしている。サヨナラ負けが2戦続いたが、最後にスキを見せないよう、もっと突き詰めてやっていかなければいけない」と自らに言い聞かせるように話した。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」